« バガンの夕日を楽しむはずが。(2日目) | トップページ | 夜行列車に乗って、バガンからヤンゴンへ »

2012年1月29日 (日)

「バガン最終日」そして、夜行列車に乗ってみよう!!

薬が思いのほか効いたようで助かった。
ただ、体力の消耗は激しい。昨日の夕飯は何も口にしてないし。食欲もそれほど無いのだが、ホテルのテラスで昨日と同じく朝食をとり、身支度を済ませました。
チェックアウト時にバガン駅に向かう旨を告げたら、タクシーの手配をしてくれました。今回はヤーキンターホテルにお世話になったのだが、オーナー(で、良いのかな?)は日本語上手いし、夜行列車の相談にものってくれたし、他にも色々、凄い親切な方でした。

夜行列車の出発時刻17時までは、まだまだ時間があります。体も動くし、自転車を借りて最後の遺跡巡りといきましょう。
初日行ったティーロミンロー寺院へ再び、その後はゴドーパリィン寺院へ。
ゴドーパリィン寺院 白を基調とした姿が綺麗です。

リベンジとばかりに、シュエサンドーパヤーへ行かなくちゃ。夕日は見れなかったが、最後にバガンの景色を目に焼き付けて戻ろうと考え、ペダルを踏んだら、何だか凄く重い。。。。
うん??って思ったら、前輪が全く回転しなくなってました。。。。。。。。。。。。
自力ではどうにも直らん。どうしよう~~~~。。。。
ちょっと焦り始めたその時。女神が数名現れましたよ。慣れた手付きで自転車を移動。そこには、ちょっとした小道具の数々。そして、慣れた手付きで修理してくれるんだよ。
悟ったね~~。こゆう事って良く起こるんだろうね。彼女達、これで小遣い稼ぎ、もしくは生活の糧にしてるわ。
ミャンマーの女神達 値切るわけにもいかないので言い値のお値段1500チャットを払いました。

それにしてもだ、ご縁が無いわ、シュエサンドーパヤーには。
時間に余裕はあったけど、今回はご縁が無いということでニャウンウーの村に戻ることに。道中、地球の歩き方にも記載されない場所を転々と気分次第で自転車を停めたりで。
バガンのとある風景 一人二人ぐらいの観光客しかいない所もさ、やっぱり良いね。

村に到着。昼食にと「サン・カバル」へ。
昨日のこともあるのでね、イタリアンで胃に体に負担を掛けたくないんでね。なかなか美味しく頂けてよかったよ、ここ。

食事を済ませ、ニャウンウーのマーケットへ。
何かお土産にと思い寄ってみたのだが。う~~ん、普通の市場ですね。

16時まで時間もあるし、適当にプラプラしながら時間つぶしにネットカフェに行きホテルに戻りました。
手配していたタクシーに乗りニャウンウーからバガン駅へ。
時間にして20分掛からないぐらいで到着。料金7000チャットは高いよな~。バガン空港からニャウンウーで5000チャットでしょ。まあ、距離はそれよりはあるんだけど、まあ、しょうがないのかね。

バガン駅。
バガン駅 立派な外観してるわ。でも中に入ってしまうと、やっぱりローカルな感じがしますね。だって外国人、誰もいないし。
こうゆう状況って胸躍るので良いんだけどね。

ど~~せ、時間どおりに電車なんか来ないだろうと思っていたら、
バガン駅にて ちゃんと来たね~~。しっかりしてんだね。

さあ、寝台列車に乗りましょう。それもミャンマーだよ。
なかなか語れる人いないよ~~~。
(って、更新に疲れたので、次回に。)

|

« バガンの夕日を楽しむはずが。(2日目) | トップページ | 夜行列車に乗って、バガンからヤンゴンへ »

ミャンマー(ヤンゴン.バガン.他)」カテゴリの記事

コメント

女神いいね~!
日本ではこんな子供まずいないだろうからね。

投稿: 一休 | 2012年5月12日 (土) 23時51分

ホントね、助かったよ。
本物の女神がいたら、お金の請求はないんだろうけど、この時は、ホントに焦ったからね。女神に見えたよ。

投稿: zibu | 2012年5月13日 (日) 05時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435607/43906632

この記事へのトラックバック一覧です: 「バガン最終日」そして、夜行列車に乗ってみよう!!:

« バガンの夕日を楽しむはずが。(2日目) | トップページ | 夜行列車に乗って、バガンからヤンゴンへ »