« 2012年1月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年2月

2012年2月26日 (日)

とりあえず、ぷらぷら。

既に今回の目的は済ませているので、まあ、特にやることも無し。だからといって、ホテルでじっとして夜を待つのも寂しいので、ちょっと
午前中からお出かけ。
まずは、ボータタウン・パヤーへ。(昨年も行ったところ)
ボータタウン・パヤーへ な~~んか、見ておきたくてね。
ちょっと周辺の雰囲気は変わったかな?

腹は減ったが、ちょっと、ミャンマー料理は抵抗があるんだわ。。今回はホント酷い目にあったからね。
そんなわけで、初日に頂いたガイド本に書いてあった「50th street Bar & Grill」に行くことに。50th street Bar & Grill
意外や意外。綺麗だよね、それに食事も美味しいし。
夜になると西洋人とか多そうな、そんな雰囲気ですね。

お腹も一杯。街を散策。歩くの好きなんでね、自分。
ヤンゴンの街 歩きつかれ、スレーパヤー近くのネットカフェへ。
アジアプラザホテルにもネット可のPCがあるのだが、日本語が文字化けするんでね、使えないんだよね。
ネット上でミャンマーのお土産を探しつつ、歩いてほど近くにミャンマーコーヒー屋があるのを発見。
(LET YWE SIN. TEA &COFEE SHOP)
LET YWE SIN. TEA &COFEE SHOP ある程度の集団にお土産渡すのであれば、丁度良いぐらいの量を購入。(1袋700チャット。ちょうど1ドルぐらいですね。)

もうこれで、買うもの無し。明日はいつでも帰れる状態になりました。
つまりは、本日が最後の夜。ってことで、1年ぶりにミュージッククラブへ。去年の印象と変わらんね、ここ。
まあ、最終日が物凄く楽しいと、凄い後悔するタイプなので、良しとしましょう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年2月 5日 (日)

変化が見られるミャンマー・ヤンゴン

う~ん、よく寝た。だいぶ疲れもとれました。
まあ、とにかく昨日はとんでもない乗り物にのってましたからね。普通にベットで寝れるのがとんでもなくいい気分でした。

朝食を済ませにクーポンチケットに記入された1階に行くも何にも無し。スタッフに尋ねれば15階です、って。ちゃんと書いてくれなきゃ解らんよ。

朝食を済ませ、軽くシャワーで汗を流した後は、ボーヂョー・アウンサン博物館へとお出かけ。理由は何となく解らんでもないが「閉鎖中」ってことでね。
本来であれば行って意味がない。ただね、ここ最近のミャンマー関連のニュースを聞く限りでは、だいぶ、変わってきてるじゃんね。特にこの博物館はアウンサンスーチー女史が幼少期を過ごした家とかで。
ボーヂョー・アウンサン博物館 ひょっとして今は、、、って、期待を込めて行ったのだが、やっぱり駄目でした。

それにしてもだ。
去年と比べてだいぶ変わったな~~って思えるのは、これ。
スーチー女史の 街の所々でアウサンスーチー女史のこんなのを見かけます。去年はまるで目にしなかったのにね。目に見える変化です。
ただね、個人的にはね、この方はどうかな~?って思うんだけどね。
ちょっと(大いに?)疑問だね。まあ、ミャンマーの方々が決めるべきことなんで、外国人がギャーギャー口を出すべきではないんだろうけどね。

ただの旅行者はお土産でも買っておかないと。
ボーヂョー・アウンサンマーケットやその周辺をプラプラし、目ぼしい物を適当に購入。上の写真のモノももちろん購入。良いお土産になりますね。

でもって、夜。
昨日は出れなかったからね~~。ちょっとは気合が入ります。ってことで、初日に行ったゼロゾーン.でファッションショーを見ながら酒を飲み、プレイスに行きました。
去年はここに来てないんだよね。他のディスコに夢中だったんでね。
期待してきたものの、、、客の数よりファッションショーのおねーちゃんの数の方が多いね。これじゃ~~、困る。
しょうがないので、22時ぐらいにエンペラーに移動しました。昨日、体調不良で楽しめなかったので、余計に楽しかったです。やっぱり良いね、ここは。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年2月 1日 (水)

夜行列車に乗って、バガンからヤンゴンへ

さて、寝台の様子はというと。。。。。。
バガン~ヤンゴン、寝台車 けっこう良いんじゃないの?
駅員に尋ねれば、4ベットで自分一人みたいだし。気楽だよね。
それに驚いたのが、なんと!エアコン付。ちゃんと冷気が出てるの。正直、必要は無いかと思うが、う~~ん、これは予想外。
(ただ、列車が動いた直後にエアコンは使用不可に。なぜに?)

バガン駅構内の売店で水、お菓子を購入。のんびり列車が出発するのを待つつもりだったが、17時ピッタリ、予定時刻どおりに列車はバガン駅を出発しました。
さらば、バガン駅 もうしばらくは、この「バガン」の表示をみることも無いんだろうね。ちょっと寂しくなります。

さあ、列車はヤンゴンに向けて走る走る。そして、揺れる揺れる猛烈に。噂には聞いていたが、揺れる感覚が尋常じゃな~~~~~~い!!
(後日、気分がむいたら動画をアップします)
横揺れと特に縦揺れが凄い。電車飛ぶ、体が飛ぶ!レールの上を走っていてなぜ?これだけ縦に飛ぶように揺れるのかが解らん。
走り出して40分後、電車は突然停止。正直、脱線したかと思いました。何やら整備?を始め、何事もなかったかのように再出発。
縦揺れで、外の風景を楽しむ余裕もあまり無いのだが、、、、
列車から見るバガンの風景 こうゆう感じの所に人が住んでいるんだよね。
色々と思うところはありますね。
所々で子供たちが電車に手を振る風景に出くわしたりで、風情はあるのだが正直ちょっと複雑、かな。

昨日見れなかった夕日。
バガンの夕日 列車から 列車から眺めることができて良かった。ただね、普通なら風を感じながら物思いにってなるんだろうけど、揺れが酷くて、、、。出発して1時間でホント、疲れる。
日も落ちればやることはない。部屋に明かりが灯れば、お腹が減る時間です。食堂車で夕飯。まあ、こんなにも揺れながら食事をしたのは始めてですよ。
疲れちゃう。。。それに、食事もね~、、、油が古いのか、なんかちょっとね、、。食べ終わって、嫌な予感が的中。前日ほど酷くはないがね。正露丸飲んで良くなったからまあ、取りあえずは良いか。。。。

部屋に戻っても、やることは無い。
文庫本を読むにも、揺れが酷くて無理!!
外の景色に目をやれば、月明かりに照らさせるノドカナな風景。
ちょっと早いけど、ビールを飲み始める自分。道中、駅に停車した際に物売りの姿。何かつまみでもと思ったけど、自分の欲するモノは無し。
早いけど、寝るか~~って横になれば、電気の明かりが眩しい。スイッチを消そうにも、どうするの?勝手に深夜帯になれば消えるのか?
22時、23時、24時、、、日付が変わっても消えね~~。どうなってんだ、くそ~~!他の寝台の部屋も明かりが点いてるみたいだし、諦めるしかない。
しょうがないので毛布を頭から被る。でも、寝れない。。。
横揺れと縦揺れが激しすぎる。体は疲れているのに最悪です。。。電車が駅で停車した隙に寝ようにも動いたらまた揺れる。あまり寝た感じがしないまま、朝を迎えました。。。。

もういい加減にヤンゴンに到着して欲しい。切実に願うのみ。
人の往来が見えれば、もう直ぐヤンゴン駅か!?って思えば、また緑の風景。。。正直、ヤンゴン環状線も今回の計画に入っていたが、絶対に乗らないし。乗り心地がこんな状況って知ってしまったら、誰が乗るか~~~!って思うよ、本当に。
とにかくキツイよ、この夜行列車は。興味があって乗りたい方、相当の覚悟と強い気持ちをもって乗車ください。

13時ぴったり。ヤンゴン駅に到着。
ヤンゴン駅 20時間ですか、、、。地獄だった本当に。。。。。。。。。。。。。。。。
窓に外に、トレーダースホテルが見えたときは、感激ものでしたよ本当に。絶対に人に薦められない乗り物でした。私は、2度と乗らん。

で、だ。体力が無い、、、。昨日の食事の影響か、まだお腹がゴロゴロする。とにかく、飯だ!日本食だ。
そんなわけで、去年も行った「一番館」へ。日替わり定食(お値段7000チャット)で充分に満足し、アジアホテルへ。(パノラマホテルに空きがなくて。)
完全にグロッキー状態。ちょっと安心したのか、急に体の調子が、、、。また、熱が出てしまったよ、、、。
部屋で夕方まで横になってましたが、駄目だね、、、。完全な回復までに至らない。ヤンゴンでのディスコを非常に楽しみにしていたが、諦めるしかないわな。
夕飯に再度、日本食。「JapanJapan」へ。親子丼セットとお茶を注文。(お値段6300チャット)
あんまり期待していなかったが、けっこう美味しかったです。
体調も戻りかけ、やっぱり夜は遊びに行こうかな~~って真剣に考えたが、明日、明後日もあるので、今宵は早めに就寝しました。
揺れないで寝れるって、本当に最高です。あの夜行列車を経験すると、ホント、切実に思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年4月 »