タイ

2019年8月 7日 (水)

明日からバングラ(ダッカ)→インド

明日からバングラデッシュ(ダッカのみ)それから インド(デリー)へ。インドは、ラダックを中心に旅行の予定。まあ、気分に寄っては変更も有り。何しろ、ビーマンバグラディッシュ航空なので、ちゃんと飛ぶのか?これが一番の懸念事項。

| | コメント (0)

2019年6月29日 (土)

まずはミャンマー・ヤンゴンに

まずはドンムアン空港に向かう。
バンコクからだと悩む必要もなく、簡単にドンムアン空港に行けますが、自分の場合はシラチャから。
トゥッコム横のバス乗り場に行くと、14時10分発のスワンナプーム行きと、14時30分発のモーチット行きがありました。
悩む。。。どっちが良いのか。多少なりとも早く行動したいので、今回は14時10分発のスワンナプーム行きを選択。15時45分頃にスワンナプーム近くのバス乗り場に到着。ここで、ドンムアン空港行きのロットゥーを待つこと20分少々。このくらいの接続時間だったら良いかな。
で、1時間少々でドンムアン空港に到着。17時30分にはチェックインも済みました。
ドンムアン空港 出国手続きで、少々驚いたのが、今、中国人専用の出国手続きラインがあるんですね。前、来た時もあったのか?ちょっと記憶が曖昧。
飛行機【ノックエアー】は、予想どおりに出発時刻が19時30分から19時50分に遅延。まあ、こくらいは大したことがない。今回は特に急いでないし、飛んでさえくれれば、目的地まで連れてってくれさえすれば、それで良いのです!!
1時間少々のフライトにヤンゴンに到着。入国審査時に「ビザ持ってないの?」って。一瞬、ヒヤッとしましたが、「日本人は必要ないのでは?」と言ったところ、「あ、そうか」みたいな感じでした。後、他に言われたのが「何日の予定」ぐらい。最初、20日と言ったところ、「じゃあ、20日で」ってことで、スタンプを押されそうになったので、「30日ください」と言って変更してもらいました。そう、今回はどれだけいるか判らないので、30日間しっかり貰っておかないと。
無事に入国も済んだ。次は、、、、SIMの購入。
事前情報で評判の良い「Telenor社」こちらの1か月契約で10ギガを13000チャットで契約。無料通話も付いてるとか言っていたが、まあ、使うことはないので、詳しい通話時間までは聞かず。(そもそも10ギガも必要ないけど安いし。容量を気にしながら旅行する気分良くないし)
まあ、それにしても手際よかったね。スマホを英語ベースに変更必要なく、あっという間に設定終了。スピードも十分に速い!これは良い。


ホテルでタクシーに向かい、久々のミャンマービールを堪能。
久々のミャンマービール 帰りの予定が無い旅行が、スタートです。

| | コメント (0)

2019年6月18日 (火)

ライトルームとフォトショップ

約2年前に購入した一眼レフ【ニコンD3400】確か価格は18000バーツ位だったかな。日本で購入すれもっと安いんでしょうけど、買って大正解。旅行が楽しくなりましたね。
旅行に出て、風景や人物を撮っていると、もっと綺麗に迫力ある写真が撮りたくなります。でもまあ、今の自分の腕では限界がある。せっかくROWでも撮れるわけだし、師匠の勧めもあり現像ソフトを使ってみようかと。

自分は詳しくは判らんが、フォトショップライトルームなるソフトで編集ができるらしい。
【プロも使っているんじゃないかな?】
でも正規を購入すると高い。じゃあ、どうするか。安く偽物を購入すれば良し。
シラチャのトゥッコムにあるPC専門店で、ライトルームの偽物が欲しいと言ったところ、あるお店を紹介してもらって、ものの10分で設定完了。フォトショップもあるというので、こちらも持参したPCに入れて貰いました。それぞれ100バーツの計200バーツ。
良い買い物ができました。ただ、どちらも英語なので慣れるまでに時間が掛かりそう、、ってか、慣れれば良いんだけど。。。

| | コメント (0)

2019年4月28日 (日)

バイクを購入

バイクが有った方が良いかな~って思って、今後のことを考えて購入してみることに。
特にこれと言って拘りが無いので、実際に見に行って良いと思えば購入してみようと町のバイク屋に。
予算は5万バーツ以内。マニュアルは正直、厳しいのでオートでを考えていたところ、一目見て気に入りました、ヤマハのGT125.
もう、即決でしたね。「これください!」って感じで。
価格は46100バーツで予算内。もちろんオートで、赤色がカッコ良い。
で、すぐさま購入手続き。
必要なモノは、二輪の運転免許書、パスポート、ワークパーミット。
で、自分は念のため、携帯の請求書。これはタイ語で住所が記載されているので何かと便利かなと。
購入手続きするのに30分は掛かったかな。
従業員が、外国人が購入するのに必要な書類など、なんだか余り理解していない様子で、一回出したパスポートをまた見直したり、ワークパーミットに住所が記載されてないから購入できない、とか。まあ、念のため持ってきた携帯の請求書が取り合えず役に立ちました。

全てが終われば、購入したバイクで帰宅するのみ。
正規のナンバープレートが出来るまで、赤いナンバープレートなんですね。聞いた話では、以前は直ぐに正規のナンバープレートも貰えたようですが、最近は、違うようですね。1ヶ月ぐらいは掛かるみたいです。
まあ、この1ヶ月は遠くに出ることも無いし、気長に待ちますか。

| | コメント (0)

2019年4月14日 (日)

寝過ごした。。。

やってしまった。そもそも朝3時起きってところに、無理があった。。。。一度、起きた記憶もあるのだが、再度気づいた時には朝4時過ぎ。
この日はパッタニーから車で2時半行った所にべトンという所があり、朝日と雲海が凄いらしい[ただ、雲海にかんしては運次第らしい]と聞いていたので、行きたかったのだが、、、、。この時間では、多少無理しても間に合わん。
どうするか。なんだかんだ言ってもまだ朝も早い。何か良い場所を探した所、近くに山[ยอดเขาโต๊ะสาเฮะห์ ]があったので、朝から登ってみることに。
パッタニー近くの山 着いて知ったのだが、ここはガイド付きでないと登れないとか。事前予約もしてなかったけど、ガイドが1名が付いてくれることに。(パッタニーの人たちはホント親切。悪いイメージが一切無し)
1時間ちょっとかな、運動不足の体には物凄く厳しかった。
おまけに、今回は特別に綺麗な風景でも無し。ガイド曰く、
「雨が降った後は雲が厚く、凄い綺麗。後、ここは夕日が綺麗」との事。
次回は夕方かな。でも暗くなったらどうなるのか?いくらガイド付きって言っても帰りはかなり危ないような気もするが。

体中が汗でベトベト、山登って疲れ切ったのでホテルで休憩。
夕方は涼みに、Namtok Sai Khao National Parkに。
パッタニーNamtok Sai Khao National Park 着いてしばらくしたら、結構な雨に降られました。まあ、涼みに来ているから丁度良いのかな。。。
パッタニで休日を まあ、それにしても観光客が多い。駐車場は一杯だし、川で泳ぐ人も多い。ソンクラン休日だからなんでしょうけど。ただ、タイに来ているような感じがしないのが、ちょっと楽しい。タイの中の異国をとにかく楽しんでます。
パッタニー ムスリム姉妹

| | コメント (0)

2019年4月13日 (土)

あ、そう言えば、ソンクラーン

パッタニー2日目です。
昨日、満足できるまで撮れなかったパッタニー中央モスクに向かう道中、何かしらのパレードが?

パッタニーのソンクラーン     そうだ、そう言えば、ソンクラーンだった。このタイミングで気づかされるとは。
意図せず、偶然通りかかったわけだが、運が良いですね。
パッタニー ソンクランのパレード

印象に残ったのが子供の方ですね。おねーちゃんもいましたが、子供のほうにカメラを向けたくはなるね。

パッタニー中央モスクに行った後は、いったんホテルに戻り、車でクルッセ・モスクに。ここはパッタニー最古のモスク。外の回廊から中の礼拝堂が見られます。

クルッセ・モスクにて 特に印象的だったのが、女性。礼拝堂は、女性と男性で別れてます。以前行ったダッカのモスクは男性だけ。ここは、仕切られてはいるものの女性が祈りを捧げているのは姿は印象的でした。

さあ、見るもの見たので次です。
クルッセ・モスクから直ぐのところに、桟橋があります。グーグルマップでは英語でTitikayu Bandar
なんとな~く綺麗な写真が撮れそうなのと、近くってのもあり行ってみることに。

Titikayu Bandar うん、いいんじゃないの。なかなか絵になるかなと。ここでタイミング良く、近くを周回するボートが出るようだったので、自分も急遽参加。

パッタニーの大学生 ってか、おねーちゃん達が綺麗で、それに心を見事に持ってかれた感じです。気になる料金は30バーツ。これが、チャーターするとかなると高くなるようです。

その後は夕日を見に、Pttani Sky Walk.に向かうも、交通規制で入れず。。。今回感じた事だが、日、時間帯によって進入禁止エリアが変わるんだよね。車・バイクは完全にダメ。行くんだったら歩きとか。とてもじゃないが、歩ける距離ではなかったので、本日はここまで。

| | コメント (0)

2019年4月12日 (金)

パッタニーでモスクを見よう

最近はホント疲れてます。肉体的にも精神的にも。。。。
ただ、この疲労感によって好きな事、好きだった事を止めてしまうのは、良くないらしい。医者にはそう言われてます。自分もそう思いますね。

では、好きな事を続けないと。そ~んなわけで、休日を利用して、タイ南部のパッタニーに旅行です。タイスマイ航空を利用したので、出発はスワンナプーム空港から。到着はハジャイ空港です。ここで車を予約していたレンタカーでパッタニーに自ら運転して向かいます。まあ、だいたい2時間ぐらいで到着できますね。

タイ南部は何かと騒がしいところで、外務省の渡航情報には「渡航は止めてください」が出てます。なので、パッタニーに向かう道中、何回か検問に掛かるのかとは覚悟していたが、基本無し。検問はやっているが、止められる事もなく、徐行で運転席の窓開ければOK。

ホテルに到着後、今回の目的であるパッタニー中央モスクの写真撮影に出かけました。
20時15分に中に入りました。このご時勢なので、中には軍人と警察官がちらほら。無断で撮影した何か言われるのも嫌だし、写真を撮りたい旨、伝えたところ
「え? いいですよ」って。ちょっと驚かれた感じかな。綺麗で有名なモスクなんだけど、最近は写真撮りに来る外国人なんていなんでしょうね。
パッタニー中央モスク

気合を入れてモスクの写真を撮るも、15分ぐらいしたら証明を落とされました。。。どうやら、この日は20時30分まではゲート閉めるとかで。ちょっと消化不良だが
これも致し方ない。
まあ、初日はこのくらいでしょう。

| | コメント (0)

2019年3月17日 (日)

飛行機の残骸

バンコクには、飛行機の墓場と言われる場所があります。まだ行ったことはないですが、、、。
ここシラチャにも、なぜか突然、飛行機の墓場とまでは言わないが、残骸が現れました。興味があるかたは是非。
飛行機の墓場〔シラチャ〕


バンコクの飛行機の墓場と違い、人は住んでないので〔今のところ〕何に遠慮することなく見ることができます。
場所はスクムビットからThetsaban 7RD.をダムに向かって進めば右手側に見えてきます。

| | コメント (0)

2015年4月11日 (土)

ネパールに行こうと思ったら、、、冗談じゃない!!!

さあ、待ちに待ったネパール旅行。もう一度来よう!と思ってたら5年ぶりになってしまった今回。気持ちが高まります。


さて、タクシーでスワンナプーム国際空港まで〔230バーツ〕
最近は乗車拒否するドライバー増えた、かな?500バーツとか言ってくるのは腹が立つ。


到着後直ぐにタイ航空の搭乗手続きカウンターへ。
タイ航空の搭乗手続きカウンター 凄い人。溢れちゃってるよね。時間に余裕はあるし、気長に並ぶしかない。で、気長に並んで1時間。パスポートを提示するも何か様子が変。で、言われたのが
「席が一杯です。香港経由で行ってください。」
理由を聞けば、システムのエラーで、、、。〔凄い怪しい〕
こんなのさ、納得できるわけが無い!お詫びに4500バーツって要らないし。納得できない!ってことで、別のカウンターへ案内される。
そこには、自分と同様に酷い目にあっている方々〔日本人数名〕が。
〔もの凄い!悪意を感じるのは自分だけだろうか〕
ある方は、機種が予定していたのより小さくなって席が確保できなくなったとかで。もうね、適当な言い訳を言っているのは明白。
悪びれも無い態度には本当に腹が立ったので、めちゃくちゃ言ってやったよね。明日もう一度来て、こんなん言われたりもするんですよ。誰だって言うでしょう、思いっきり。


で、いくら言っても今日行けないのは明白。
香港経由だと深夜着なので、これな無い。
1日短くなるけど、出発を明日に変更。不安なので搭乗券は発券してもらった。で、ホテルは、空港前にあるノボテルホテルを無料で手配してもらい、お詫び金として4500バーツを現金で貰って、これで妥協。


ここにいてもしょうがないので、ノボテルホテルにチェックイン。ノボテルホテル
どんな部屋かと思えば、なかなかですね。食事も3食付でプールもあり。ノボテルホテルのプール
初日滞在予定のホテルに予定変更のメール。昼食を済ませ、プールで泳ぎ、再度ネパール旅行の計画を練り直す。結果としてカトマンズ、ポカラ、もう一箇所を考えていたが、それは諦めることに。
悔やまれるな、この一日は。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 6日 (金)

PIMP.に行ってみよう。

久々のコヨーテパブです。
知り合いに会員になっている方がいまして、お願いして連れてきてもらっちゃいました。
で、だ。。。良いおねーちゃんがいらっしゃるところは、良いねーー。コヨーテの後姿 普段行く、ちょっと前にも行ったゴーゴーのおねーちゃん達とは質が違う。(当たり前だけど。)それに数もだね。(尋ねれば200人ぐらいいるとか)
おねーちゃんを指名、適度にコミュニケーションをね。その後はサイコロを使った単純なゲームで遊びました。ステージでは生演奏あり、コヨーテが踊り、で、まあ、なかなかなではないでしょうか。
(ステージ見てるより、横にいるおねーちゃんが可愛くて。余り覚えてない)


大体4時間ぐらいでしょうか。結構飲んだというか、飲まされた感じですかね。たみには良いでしょう、こんな遊びも。まあ、だいぶね、コストは掛かりますが、良いものにお金を払うのは、
これ、至極当然。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧