コーンケン

2012年5月 2日 (水)

1年ぶりに、コーンケン

さあ、今日でラオスを出ます。メコン川を隔てたタイに戻らないと。
メコン川を隔てたタイ しばしボ~っと景色を眺めメコンホテルをチェックアウト。
モノは試しの精神を持つ自分ですので、まず、歩いて向かったのは船着場のイミグレーションオフィス。ボートで渡れたら最高かな~って淡い期待を描いてみたのだが、やっぱり駄目。
しょうがないので、昨日ビエンチャンから着いたラックサオのバスターミナルへ。
出発時刻は11時15分とあるが、切符売りの店員が言うには「11時30分発」。ラックサオのバスターミナル適当に食事を済 ませ国境バスに乗車。タイ・ラオス第3友好橋を渡れば、自分これで、全てのタイ・ラオス友好橋を制したことになりました。
タイ・ラオス第3友好橋 う~~ん、感無量!って、感じでもないけどね。話のネタが増えたのが嬉しいです。
バスは、ナコーンパノムのバスターミナルに12時40分に到着。そのまま、コーンケン行きバス(1等、221バーツ)に乗車。揺れること約6時間(18時40分)コーンケンのバスターミナルに到着。そのまま、明日のバンコク行きバス(VIP.450バーツ)を購入。昨年泊まったホテルを目指したが、歩いて5分ぐらいで「ロマホテル」が目に。ここはあれだよ、自分が初めてコーンケンに来たときに1泊したホテル。記憶が蘇る。前回はエアコン無しのお湯シャワー無しでしたが、今回は800バーツ出して、スイートルームに泊まることに。
ロマホテルのスイートルーム 名前に騙されてはいけませんが、こんなもんでしょう。随分と部屋が長いのが気にはなりましたが。

で、夜は定番ですよ。コーンケン3回目で3回目のコヨーテパブの「Rad」 Rad 客は少なく、おねーちゃんの質、また落ちたかな~、去年と変わらずかな~。でも、このくらいが好きなんだよね、地方都市って感じで。
ビール2本飲んで、クラブと言う名のディスコに行きました。ここは、客は少ないんだけど、おねーちゃんはそこそこ多いし、そこそこセクシーなショーもやっていたので満足。
充分に酔っ払って、帰りにお粥を食べ2時ぐらいにはホテルに戻りました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月30日 (土)

久々のコンケーンを楽しもう!!

8時起床。シャワーを浴びてからチェックアウト。
9時50分にバスターミナルに到着するも10時半発のウドンターニに行きは既に一杯。次の11時半発のチケットは購入できるもギリギリでした。バスターミナル
時間には余裕を持たないと危ないですね。
空いた時間でタラートサオにて簡単に食事を済ませ再びウドンターニへ。13時45分に到着し、そのままコンケーン行きのバスに乗り込みました。
バスに揺られ外を眺めれば、やってますね~~、水掛けを。
バスは2時間程でコンケーンに到着。2年半ぶりだわ。
バスターミナル周辺は変わってませんね。前回と同じホテルでも楽しい気持ちになるかとは思ったが、ちょっと贅沢にコンケーンホテルに宿泊することに。

荷物を置き、コンケーンのソンクラーンの様子を伺うべく外をうろちょろ。やってましたわ、それも激しく。
(後々聞いたのだが、結構有名らしいですねココは)

水掛けも良いですが、私は夜を楽しみたい。何しろここにはコヨーテパブが存在しているので。
そんなわけで再び行ってきましたRadへ。Dscn0070
う~~~ん、多少、おねーちゃんの質は落ちたかな。
でも、良いのです。こうゆう所にコヨーテパブが存在し、2年半ぶりにこれたのが凄い楽しい。(それに、自分のブログで記録として残っているので読み返し、ほくそ笑むも楽しい。)

さあ、まだまだです。次に向かったのはディスコ。
盛り上がりを期待したのだが、イマイチでしたね。おねーちゃんの数はそれなりに充実してたんだけどね。Dscn0072 だいぶ酔い、最後に別のコヨーテパブに行って寝ました。

そんなわけで、今回のラオスで銀行口座開設を目的とした一連の日記は終了です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月24日 (水)

コーンケン~コヨーテパブに行ってみよう!~

お世話になったゲストハウスをチェックアウトし、パスポートを取りにタイ大使館へ。
125 それから、ビエンチャンのバスステーションに戻り、14時発の「ウドンターニー」行きのバスに乗り込みました。
ま~あ、長かった、、、。タイに入るまでが。パスポートのチェックがまあ、時間掛かる掛かる。ラオス人がね、、、本当に参った。

ウドンターニー」に到着したのが、17時半過ぎ。
それから、18時発の「コーンケン経由バンコク」行きのバスに乗り込んだのだが、、、これが大変だった。
2等バス。普通です。ただ、人が一杯なんです。
〔この状態では席が無いのでは?立ちになるのかな?〕
酷いよ、本当に、、、。098
座れたのだが、、、、荷物とか入れる所、、、、、、、、、、。
当然の如く、窓なんか無いやっぱり臭い。更には、自分以外はイサーン人8人ほど。唯一の救いは、簡易的に座れる所がありました
知ってますか
普通に座席に座っていると揺れなんてそんなに感じないが、私が今回座った所は、非常に小刻みに揺れ、非常に気分が悪くなります。風景が見れないバスって、最悪です。お気を付けください。
〔まあ、無理して乗る必要は無いんだけどね。急いでいたので。〕

ただの箱に揺られる事、約2時間。コーンケンに到着。
2時間って言っても、6時間分ぐらいの疲労です。
114 さすがに気分がちょっと悪く、ホテルに泊まりたい気分になったので、「ロマ〔Roma〕」というホテルにチェックインしました。
自分が選んだ部屋は一泊230バーツ。この値段だとお湯は出ないが、部屋は綺麗だし、エアコンは必要ないからね。

しばらく休んだ後は、これだけ大きい都市なので、まあ色々あるだろうと、夜のコーンケンを散策しに出ました。
友人の話では、ここコーンケンにゴーゴーバーみたいなコヨーテパブが存在している。」
これは是非!確かめたい。っというわけで、にぎやかな地区があるので行ってきました。
126 121 まず、入ったのがここZolid
警備員のおっちゃんに「この辺にコヨーテパブ有る?」
って尋ねたら、しばらく考えて「う~~ん、ココ。コヨーテいるよ。」
ちょっと微妙だったが、ビアシン80バーツだったのでとりあえず入ってみました。
ハイ。ここはディスコです。
確かにコヨーテはいます。だけど、ディスコです。
でも雰囲気いいし、こんな感じなのがバンコクにあれば、けっこうにぎわう。そのくらい店の作りも良いし、内装も凝ってました。満足です。

でも、目的はここにあらず!!
こんな失敗は繰り返したくないので、今度は色んな方に聞いてみることに。
ある人は、ゴーゴーバー。ある人は、コヨーテパブ。
って言うんですね。そう、全てのタイ人の答えが一致しました!!
コーンケン・コヨーテパブ ココです!「Rad
キタッ====!!!
ただ、残念なことに当たり前だが、写真撮影は駄目です。撮ったら罰金2000バーツと書いてありました。
気になる感想ですが、、、、
店に入った時は、ここ、ゴーゴーバー?じゃないのって思いました。お客は、圧倒的にファランが多いです。タイ人女性の姿もちらほら見ました。日本人は自分だけ。
ちなみにこの日はインドの日ということで、普段と違う衣装ということでした。セクシーで良かったですよ。それから、なぜか?シャワーショウがありました。まあ、楽しいでね。最後の夜にふさわしい遊びではないでしょうか。
ただ、さすがコヨーテパブだけあって、女の子のドリンクは180バーツ。ちょっと高いけど、近く来ることは無いだろうから、たまには、おごるのもいいでしょう!

それにして、コーンケンの夜は熱いですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)