ネパール (カトマンズ.他)

2015年4月16日 (木)

飛行機乗って、カトマンズへ。

7時半起床。足、痛いわ。。。
部屋から空を見上げれば、なかなかの良い天気。これが昨日だったらって思ってもしょうがない。
簡単に散歩。朝食、身支度を済ませてポカラ空港に。
ポカラ空港 飛行機の出発時間の2時間前10時30分に空港に到着するも、11時半からチェックイン開始との事で待たされる。
ひょっとして、飛行機が遅れているのか?
この予感は的中。約一時間遅れだったので、大した問題じゃないけど。
ブッダエアー それにしても、小さい飛行機。このサイズに乗るのは初でした。
座席が進行方向に対して左側だったので、ヒマラヤの雄姿が拝めるかと思ったのですが、すごい、雲。全く見れませんでした。
朝、良かったのに、山の天気は変わりやすいですね。
飛行機は30分でカトマンズに到着。
再びカトマンズ バックの受け取り、味がありますね。雨が降ったらどうするんでしょうか?
タクシー乗って、タメル地区へ。ホテルを探さないと。普段だったら適度に安いホテルにするのだが、ポカラの滞在が安く済み、それなりに余裕があり。ってことで、ホリーヒマラヤに2泊する
ことに。1泊45ドル。
海外旅行でこれだけの金額を出したのは、゛初゛かな。
部屋を楽しむのは後にして、歩いて向かったのがスワヤンブナート。
スワヤンブナート ここから、カトマンズの景色を楽しみたくてね。
徒歩にして30分の距離でしたが、結構、足が痛くて。再び徒歩でホテルに戻りの~~んびりしてました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月15日 (水)

今日は日本山妙法寺に行こう

朝起きたら足が痛い。。。
昨日は就寝前に入念にストレッチをしたが、それでも痛い。二日も続けてヒマラヤを見る必要も無いような気もするが、今日は日本山妙法寺に向けて出発です。〔当然、徒歩で。〕

「地球の歩き方」には入り口が少々解り難いような事が書いてありましたがそんなことは無い、かな。持ってるのがだいぶ古いので、今は違うのかもしれませんが。日本山妙法寺への入り口
昨日はサクサク歩いてましたが〔歩き始めて2時間ぐらいは〕、今日は足も痛いのでゆっくり登ります。
急な登りではないので、昨日に比べれば楽。異国での景色を楽しみながら登りました。Dscn7567
ここのルートだと、登ってくる人もいなければ、下ってくる人もいないです。全くすれ違わなかったです。皆、タクシー?なのかな。
そんなこと思いながら、ホテルを出てから2時間10分ぐらいで日本山妙法寺の入り口に着。
今日のヒマラヤはどんな感じかな~~って思えば、想像どおり、全く見えず。厚い雲でした。昨日が運が良かったのか、時間が悪いのか。
日本山妙法寺から見えるヒマラヤだが、、。 ここから見えるポカラの町並みは良かったのですが、ヒマラヤが見えないのはちょっと残念。1時間ぐらい待機してましたが、多少は見えたりするぐらいでちょっと残念でした。

さて、今度は下りる方です。
来た道を帰ってもあまり意味無いので、フェア湖側に向かうことに。
少々急な階段、登りはきつそうです。フェア湖へ
そんな登りを西洋人が結構登ってきますね。皆、息を切らせながら。でもすれ違い際に「ナマステ」って挨拶するのが気持ちが良い。日本山妙法寺には、ボートから山登りが大半なんでしょうか。

下る事、時間にして40分ぐらいでボート乗り場に着。
向こう岸まで350ルピー。フェア湖をボートで
これが良かった。登って、下って、ボートに乗って帰る。凄いいい気分です。晴れていれば、ボートからのヒマラヤの景色も凄い良いんじゃないでしょうか。

ホテルで小休止。
足は痛いが昨日程では無し。って事で、歩いてセティ・ガンダギを見に。
大体、徒歩40分ぐらいかな。ポカラ空港裏から見えるということで行ったのだが。。。
まずさ、あまり良い雰囲気の所じゃないよね、ここの周辺は。トタン屋根に重石が乗っているような集落。暗くなったら真っ暗?
そんな感じ。
で、全く整備されてないよね、見学場所としては。地元の方々が使う普通の橋。ポカラ空港裏のセティ・ガンダギ
下を覗けば、ゴミが散乱。観光客が来るような所じゃないですね。てなわけで、日が落ちる前にホテルに戻りました。

滞在中にヒマラヤは見えたし、2箇所も登った。充分に満足したポカラでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月14日 (火)

サランコットからヒマラヤを見よう!!

6時過ぎに起床。
気になる天気は、空を覆うような曇り。サランコットに朝方に登れば、比較的、ヒマラヤが見やすいような話を聞いていたが、これだと、、、、、。
とりあえず登って、晴れるのを待つしかないかも。最悪、見れない可能性も否定できんが、こればっかりは、しょうがない。


ちょっと晴れない気分でホテルを出発。目指すサランコットですが、徒歩での行き方ってのがイマイチ情報がない。人に聞きながら行くかって感じですね。
フェア湖沿いにまずは歩けば、看板が!
サランコットへの入り口? 6キロって書いてありました。
〔後で解ったことですが、道はそれなりに?あるみたいですね〕
よし!気合を入れて登りにかかりました。


道中は、のどか、ですね。
サランコットへ 他に登っている人がいないので、不安にはなりますが、これが気持ちが良い。合う人は地元の人だし、「ナマステ。どこから?日本人?」とかたまに声を掛けられるのが何だかとても気分が良い。
サランコットへの道中にて のは、最初2時間ぐらい。私、バテバテですわ。。。。
で、小休止。ただ景色を望めば、だいぶ登ってきたことを実感できます。多少〔本当に多少〕は気分もまぎれます。


それしても、少々不安になるが、登ったところでヒマラヤが見えるのか?だって、ずっと曇りですもん。天気が変わりやすいのか、一瞬霧に覆われたりで。雨に降られなかったは運が良かったかな。


さあ、登った所でまた看板。後2キロって。。。。
道が良く解らず、何度か尋ね、進み、見えてきたのが展望台!!よし!後もう少しって所で、目の前にヒマラヤが!ヒマラヤ〔マチャプチャレ〕
直ぐに解ったのが「マチャプチャレ」。写真で見たことある~~!

はやる気持ちで展望台へ。
あいにく、スカッと晴れていなかったが、その雄姿を拝むことができました。今まで見たこともない景色。サランコット 展望台から見るヒマラヤ
写真では伝わらないは残念ですが。
タクシーでもここまで来れますが、歩いて来ているので余計に感動。そりゃ、3時間30分も歩いて登ってますもん。充分にヒマラヤの雄姿を楽しんだ後は、今度は降りる。


来た道に足を運ぶと、「ショートカット」って地元の方に言われその方向に。結構な急な坂道を降りる感じですが、まあ、下りなんでなんとか。それでも1時間過ぎぐらいには足がガクガクに。登りだと、この道は無理だわ。道が解りに難いのもあるかと思いますが誰とすれ違うことも無くひたすら下り続けました。
2時間ぐらいですかね。ポカラの中心地に戻ったのは。


昼食を済ませ、ホテルで休憩。入念なストレッチを。
明後日にはカトマンズに飛行機で戻る予定なので、ホテル近くの旅行代理店に。カトマンズ行きは全社で3社?あるらしく、どれも10時ぐらいから毎時間出ているとかで。ただ、既に午前中は一杯、12時30分発のブッダエアー・117ドルで予約。
少々、高い金額のような気もしたが、ネパールの新年で普段より価格が上がっているとか。


とりあえず、この日は本当に疲れた。。。足がガクガク、夕食を済ませて早々に寝ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月13日 (月)

ヒマラヤを見にポカラに行こう!

6時起床。うっ、寒い。。外に目をやれば、微妙~に雨。寒いわけだ。身支度を済ませ歩いてグリーンラインの事務所〔バス乗り場〕に到着したのは7時前後。もう既に人で一杯。しょうがないので外で待機するも吐く息が白くなるぐらいの寒さにちょっと参る。
バスは定刻通りに7時30分に出発。
ひたすら坂を登るかと思えば、後は下り。風景もどことなく風情ありような感じに。
Dscn7456 1回目の休憩は10時ぐらい。お茶を飲んで適当にくつろぐ。
更に2時間ほど走れば今度はお昼休憩。リゾートホテル?なのかな。食事は美味しかったですね。


さあ、バスは調子よく走っているかと思ったのですが、何てことは無い。ポカラに到着したのは16時過ぎ。予定より1時間30分以上の遅れ。
Dscn7465 雨降ってたし、しょうがないのかね、この程度の遅れは。


さあ、ホテル探しです。
ツーリストバスパークから歩いてレイクサイド〔北〕の方へ。
で、見つけたホテルが「レイクサイド」。
1泊20ドル。バスタブもあって、お湯もちゃんと出る。部屋はそこそこ清潔だし、私は満足ですね。


部屋に荷物を置き、身軽になったところで、まずはフェア湖に。明日はサランコットに登るので、どんな山なのかを見に。フェア湖からサランコットを
あいにく、天気は空を覆い尽くすような曇り。もちろん、ヒマラヤも見えず。
時期がね、悪くは無いんだろうけど、見えない可能性もあるわけで、こればっかりは、自分の生まれ持った運を信じて待つしかない。


周辺を散策、いったんホテルに戻るべく歩いていると、立ち止まり遠くを見つめる人、カメラを構える人たちが。なんだろうと振り向けば、ヒマラヤだ~~!!ポカラからヒマラヤを
でかい!今まで見てきた山とは全くの別物!この凄さは写真では伝わらないのが非常に残念。
明日のサランコットが非常に楽しみになります。ホテルからヒマラヤを
ホテルに戻り、このヒマラヤの雄姿を見に屋上へ。う~~ん、綺麗だ。


日が落ち、食事に。ブーメランではネパールダンスのショーを見ながらネパール料理を堪能。で、今日はネパールの大晦日。明日が新年ということもあり、ホテル近くの広場では簡易的な遊園地あり、歌手?が来ているのか凄い盛り上げってました。
明日は、ネパールの新年早々にヒマラヤを見に行く。凄い楽しみになってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月12日 (日)

さあ、気を取り直してネパールに行ってみよう!

8時前、ノボテルホテルをチェックアウト。
空港まで歩いて行けるって、良いよね。


飛行機は予定より1時間遅れでカトマンズに着。
Dscn7410 5年前は、空港に降り立った瞬間ぐらいに空気が少し臭いような印象を覚えていたが、今回はそれは無し。雨が降った後のような印象だったし、どんよりした天気だったからかな。
入国時にビザ申請。並んでから一時間だよ。時間掛かるね。


今回、初日だけホテル〔フジホテル〕を予約してます。
理由としては、空港までタクシーの迎えがあるので。
Dscn7418 「空港外で待機している客待ち」
自分の名前が書かれたボードを見つけ、いざ、フジホテルまで。道中は懐かしい風景です。あ~~、この感じ、ネパールに来たって感じです。
で、ホテル到着。受付で、「昨日は大変でしたね~」って言われちゃった。


予定より少々遅れ気味。荷物を置いて直ぐに、バス会社「グリーンライン」の事務所に。明日はポカラに出発予定。今回の目的は「エベレストを見る」なんでね。
値段は23ドル。出発時刻は7時30分の到着時刻は14時30分。


これで、O.K.
久々のタメル地区をお散歩。懐かしいです。
Dscn7422 この細い道を小さい車が通行する。クラクションが騒がしく鳴り、正直、歩き易くはないですが、これが好きなんですよね。
ダルバール広場まで出て、適当に腰掛けて一休憩。
ここまで来たら、生き神様の「クマリ」を見なければ。タイミング良く、多くの人がクマリの館に入っていく様子が。これに便乗して自分も中へ。5年ぶりのクマリのご尊顔を拝することができました。なんか、良いことが起こりそうな気持ちになりますね。


さあ、明日はポカラに出発です。
時期柄どうなのか?ヒマラヤが見れれば良いんだけどな~~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月29日 (木)

カトマンズ旅行記~最終日~

最終日なんて特にやることもないです。それでも、ちょっと早めに起床し、身支度を整え、散歩がてらにダルバール広場へ。

しばらく来ることもないので、寂しい気分にはなりますね。
カトマンドゥ~~~ ダルバール広場 街は頻繁に停電するわ、シャワー浴びてる最中に断水するわ、空気は砂っぽくて口の中は常にザラザラするわ、で、生活したら大変なんだろうけど、旅行で来てると凄い楽しいんだよね。
見るべき物はたくさんあるからって事でなく、説明難しいんだけど、機会があればまた来たくなる場所ですね。
自分の印象は、そんな感じかな?

ダルバール広場から、ちょっと遠回りしながら最後の街の風景を楽しみ、お世話になったホテルをチェックアウト。
Dscn6686 昼食をチベット料理レストランの「ギリンチェ」で済まし、タクシーで空港へ。
荷物検査時に昨日購入した「ククリ」は、問題ならず。機内に持ち込むわけではないので、こんなもんなんでしょうか。
ネパール出国手続きを済ませ待合室へ。
良く言えば味のある空港なんでしょうけど、ちょっとね、、、、。
Dscn6693 搭乗待合室へ向かう前に手荷物検査があるんだけど、、、手書きだからね。ちょっと人が並んだら、全く見えないからね。
それに、ボディーチェックは2回あるし、男性と女性で分けるのは良いがどっちが男性側なのか全く解らないから人がごちゃごちゃでして、ちょっとイライラですよ。おまけに飛行機も1時間遅れるし。

最後は微妙でしたけど、ホント!楽しかったです、カトマンズ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月25日 (日)

カトマンズ旅行記~ボダナートの存在感に圧倒される~

翌日はタイ帰国です。丸1日フルに行動できるのは本日のみです。最後の楽しみに、ネパール最大の仏塔「ボダナート」へ。
タクシーで約30分、170ルピーでした。
入場ゲートに入って直ぐに圧倒されました。
ネパール最大の仏塔「ボダナート」 思わず背筋が伸びるって言うんでしょうか。とんでもないものが目に飛び込んできます。久々です、こうゆう感覚は。

ボダナート ストゥーバ(仏塔)をゆっくり時計回りに歩きましたが、物凄いエネルギーを感じます。今回自分が見た中ではずば抜けた存在感です。
周辺散策も行いましたが、遠くから見える姿も絵になります。

とりあえずの最後に、ストゥーバ周辺のレストランの屋上で、チベット料理の「チョウメン」とラッシーを堪能。
ストゥーバ(仏塔) もうしばらく来ることもないので、ボダナートの姿を充分に感じ、再びタメル地区に戻りました。

さて、お土産ですわ。これを買わないとまずいんだよね。
自分向けは決まってます、「ククリ」(山岳民族の刀)
専門店に行き、小さめサイズを購入。(もちろん殺傷能力アリです)  明日のネパール出国時に検査に掛かるのでは?そんな疑問はありましたが、答えは明日にならなきゃ解らん。
それから、人向けに適当にネパールティーを適当に購入、「タッチ・ネイチャー」にて石鹸、エッセンシャルオイルをそれなりに購入し、お土産時間は終了。

夕方はダルバール広場に。
もう一度「クマリ」を見ようとそれなりに粘ったが、そんな運良く団体客なんて来ないし、頻繁に拝めちゃう存在だとちょっとね、、、。
ダルバール広場 高い基壇に腰掛けていたら、ネパールティー入ったヤカンを持った売り子がいたので1杯20ルピーで購入、ネパールティーを飲みながら人の往来をしばらく眺めてました。

夕飯を済ませ、カトマンズ最後の夜をそれなりに楽しむべく、タメルチョークから程近い「THE DOME」へ。
THE DOME 今回の滞在中、ビールをそれなりに飲みましたが、どこもいまいちぬるかったのですが、ここは、冷えてました。最後に良いビール飲めたな~~って思いながら、カトマンズ最後の夜は終わっていきました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年4月24日 (土)

カトマンズ旅行記~新年に、自転車借りて出かけよう!!~

朝6時半に起床。昨日降った雨の影響で、外は心地の良い涼しさ。ほこっりぽい空気も無く清々しい。
そんな朝から洗濯開始。あ~、疲れたなって横になったら二度寝してました。

朝10時に起床。身支度を整え、貸自転車屋へ。
性能良さげなマウンテンバイクをレンタル。いざ!古都、パタンへ。しかし、走り出して5分で後悔。危ないし怖いし。事故を起こさなくて良かった。
安全運転に心がけ約30分でパタンに到着。入場料は200ルピー。
古都、パタン 赤を基調とした寺院が、なんとも歴史を感じさせてくれます。地球の歩き方に「美の都」と書いてありましたがこれは納得です。
美の都パタン 狭い範囲ではありますが、カトマンズのダルバール広場と違い、車の乗り入れは禁止なので歩き易いし、寺院に腰掛けのんびり人の流れを見ていられるのが良いです。

一通り見終わった後、「ゴールデン・テンプル」へ。
ゴールデン・テンプル 金、じゃ、ない様子です。

再び自転車をこぎ出しホテルサンセットビュー内にある日本食屋「ヒマラヤそば処」へ向かうことに。
道中、バグマティ川を越えるのだが、こうゆう所にも火葬場があり炎が上がってました。自らの動力で行動すると見える物も違ってきますね。
ホテルサンセットビュー 「ヒマラヤそば処」 自転車で動いているとお腹も減ります。自分が注文したのは、ざるそば大盛り300ルピー(+税)
なかなか旨いんだ、これが。そばもこしがあり、蕎麦湯(そばゆ)も付いて大満足でした。

汗もかいたし、お風呂に入りに一昨日行けなかった「ロイヤル華ガーデン」へ。
ロイヤル華ガーデン ネパール人と一緒に入るお風呂も気持ちが良いもんです。
一昨日に引き続き、オーナーの日本人の方と色々とお話ができ、コーヒーまで奢って貰っちゃいました。気持ちの良い時間が過ごせました。

自転車を返し、一人ぷらぷらしていた夕刻、偶然にも日本人女性に出会い、共に新年のイベントに向かうことに。
行ったは良いが、何言っているのかはサッパリ。
ネパール新年のイベント ただ、気が付けば、周りはネパール人の若者で一杯でした。有名歌手が来てるらしく、けっこう盛り上がってました。
(そのうちに、動画でもアップしておきます)

それなりの時間になったので、日本人女性の方と夕飯を済ませに。
尋ねれば歳は1つ違い。話は弾み楽しい時間を過ごせました。こうゆう出会いは一人ならではです。わずかな時間でしたが、カトマンズでの良い思い出になりました。

最後に握手をして別れた後、本日は停電しないとのことですが、それでも特別に行く所はないので結局、ダンスバーに行く始末。
まあ、いろんなお店があるので、それなりに楽しめます。ただ、偶然なのか、お客でネパール人以外を一度も見かけることはありませんでした。どうゆう存在なんでしょうね、ダンスバーって。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年4月20日 (火)

カトマンズ旅行記~パシュパティナート (3日目)~

カンサーGHから、昨日の宿探しで印象が良かった「アドベンチャーネパールホテル」に移動。

アドベンチャーネパールホテル 1泊10ドルで部屋は清潔、扇風機、TV付きです。
結構良いのですが非常用電気がありません。でも、懐中電灯を貸して貰えます。

昼食を日本料理屋「ふる里」で済ませ、タクシーで「パシュパティナート」へ。ここは、ヒンドゥー教のインド亜大陸の4大シヴァ寺院の1つになるとか。ヒンドゥー教のインド亜大陸の4大シヴァ寺院の1つ
だいぶ雰囲気が違います。当然の如く、ヒンドゥー教徒以外は立ち入り禁止。それでも、中はちょ~っと覗けましたが、触らぬ神に何とかと言いますので、静かにここを撤収。

次に歩いて向かったのは、聖川バグマティ川の火葬場です。
入場料は500ルピー。随分と高いとは思いましたが、人様の葬儀にお邪魔するようなもんですからね、後で十分に納得しました。。。。。
中はちょっと異臭が帯びてます。橋を渡ると既に火葬の炎が上がってました。パシュパティナート
しばらく橋の上から眺めてましたが、何とも言えない空気がそこにはありました。
橋を渡り川の対岸の石段に腰掛け、今始まろうとする葬儀を見ることができました。パシュパティナートの火葬場
儀式は厳かに行われてましたが、印象的だったのは泣きじゃくる女性の姿。取り乱しちゃってね、、、、親族でしょうか、一生懸命になだめている様子が解りました。パシュパティナートの火葬中
火葬の炎が上がり煙が周辺を覆うのを見ていると、ヒンドゥー教徒の死生観に色々と考えさせられものがあります。

で! 今日の寺院巡りは終了です。何しろ急いでないので。
じゃあ、時間も有るし、何処に行きましょうか。
そう!  自分は昨日、生き神様「クマリ」を拝んでおります。
運があるんですよ!運が!
じゃあ、何処に行くか、、。「カジノ」でしょう!
まず入ったのが、「アンナプルホテル」。
でもね、中が暗いんだわ。。。雰囲気もあんまりって感じ。楽しさが伝わって来ないんだよね。
で、次に向かったのは「ヤク&イエティホテル」ヤク&イエティホテル
入場料が1000ルピー。入るわけが無い!
そんなんで、今回のカトマンズ旅行中にカジノ遊びは一切やりませんでした。この悔しさは、5月のポイペトで?

夕方、ホテルで休憩していると、雷ですよ。運の良い事に雨は気になる程降ってなかったです。
夕飯を済ませに「タカリ・バンチャ」へ。チョウメン(日本で言う焼きそば)とモモを注文。ネパールでの飯、今の所ハズレ無しです。量も多いしホント好きですわ。

ホテルに戻ればやっぱり停電中。カトマンドゥの計画停電中
こちらで購入した小さい懐中電灯に、ホテルからの支給された懐中電灯が結構役に立ちました。シャワーを浴びてる時に結構便利ですね。
それにしても、計画停電って言っても、時間が統一されていないのがちょっと痛いですね。夜が暗いって当たり前なんだけど、何か心地よいです。
エベレストビア 今宵もエベレストビア飲んで、ちょっと早めに就寝しました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年4月18日 (日)

カトマンズ旅行記~歩いて寺院巡り、他多数。~

短いカトマンズ旅行ですが、焦らずのんびりの精神の基、寺院巡りの開始です。
ダルバール広場まずはダルバール広場に。昨日は軽く見ただけというのもあるが、今回の滞在中に、どうしてもご尊顔を拝みたい方?
生き神様の「クマリ」をどうしても見たいんです。
「地球の歩き方」には、団体客に便乗すれば、、、。でもね、都合良く団体客なんて来ないよな~って思っていたら、、、、来た~~!!
そしらぬ顔で便乗するしかないでしょう。クマリの館
写真の3階中央から。
拝見できましたよ、神様を。時間にすれば10数秒ぐらいかな。思わず拝んでしまいました。

今回の目的の1つを達成し、ネパール初の「カトマンドゥ・モール」へ行き、再びダルバール広場です。
ハヌマン・ドカ(旧王宮)に、入ってみたい。ハヌマン・ドカ(旧王宮)入り口
昔は中に入れたみたい?だが、今は「NO ENTRY」の看板が。
ここで素直に諦める男では無いです、自分。
言って駄目なら素直に「すいません」って諦めますよ。
でも、、、入れちゃいました。言ってみるもんですね。
おまけに、写真の許可も戴いちゃいました。ハヌマン・ドカ(旧王宮)
兵隊さんにも写真も撮ってもらい、本当に有難う御座います。

午後は、タメル地区より歩いて「スワヤンブナート」へ。
道中、異様な異臭を放つ川を超え、歩いて来たのを後悔し始めた徒歩30分、スワヤンブナート入り口に到着。スワヤンブナート入り口
ここから結構な急な階段を登り、足に支障をきたしながらもようやく到着。入場料は200ルピー。スワヤンブナート
修復作業を行っていたのはちょっと残念でしたが、間近で見るネパールの仏教寺院、ストゥーバを時計回りに廻る仏教徒、ダライ・ラマの写真有り、目に見える全てが新鮮でした。
ストゥーバを時計回りに廻る仏教徒 また、景色もなかなかなもんで、カトマンズが昔、湖だったとの伝説も解るような気もします。

再び歩き、向かったのはこれまた遠くにある「ロイヤル華ガーデン」へ。
露天風呂に入りに行ったのですが、本日はお休みとのことで。
しかしながら、オーナーの日本人の方と色々お話することができ、コーヒーまでご馳走頂き、有意義な時間を過ごせました。

その後は再びタメルに戻り、明日以降のホテルを探しを開始。
ゲストハウスに休憩に戻ったら計画停電中、自家発電があるとは言え、トイレ、シャワーは暗いので、やっぱり不便ですね。

お腹もすいたので、今宵はチベット料理を食べに「ギリンチェ」へ。ギリンチェ
タントゥクとモモを注文。タントゥク
美味しかったよ~~。後もう2回は来ようって思いました。

その後は、昨日に引き続き「ダンスバー」へ。
今回のお店はそれなりに良かったかな。お客は自分以外全員ネパール人で、異様な盛り上がり方をしてました。
踊っているおねーちゃんも、なんとなく良い感じでした。

22時半にはホテルに戻りましたが、停電中なのには少し参りました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)